気をつけたい中年の歯の黄ばみ

  • by

気をつけたい中年の歯の黄ばみ

こちらのサイトでは中年以降の髪のケアなどを中心に記事を書いていますが、年齢とともに気をつけたいのは歯の黄ばみではないかと思っています。

髪は白くなりたくないけど、歯は白くしておいた方が良い。

虫歯ケアは気に掛ける人はいるのですが、歯のホワイトニングになると全く感知していない人が多いと思います。

それよりも歯が抜けてインプラントにしようかなんて考えている人の方が多いかもしれません。

歯の黄ばみは意外と気づいていない人が多いです。

写真などに写って笑顔の自分を見てショックなんてパターンが多いかもしれません。

タバコを吸う人であればわかりやすいですが、なにも黄色くなる要素はないのにと思いこんでいる人がほとんどではないでしょうか。

スタバなどでコーヒー、カフェフラペチーノでもなんでも、そういった飲み物でも歯は染まっていきます。

ワインなんかもそうですし、いろんな食べ物にある色素は少しづつ歯を染めているのです。

なので歯のホワイトニングをしたからといって永遠に白いわけではなく、時間が経てば飲み物や食べ物で自然と黄色く戻っていくわけです。

年をとってからの黄色い歯はやはり相手に与える印象がよくありません。

髪の白さで不快に感じることはないと思いますが、口元の印象はとても大事です。

スーナバイオショットの口コミ効果を解析

最近は年配の方でも出会い系などをやる時代で、新しい出会いのためにも歯のホワイトニングはおすすめです。

定期的にいくことで、施術前の虫歯チェックを受けることも出来るので歯の健康を保つ意味でも良いのではないでしょうか。

若い人のホワイトニング欲は上がっているようですが、年配の人にいまいち浸透していないのが残念です。

喫煙者はどうせまたすぐ黄色くなるし、といったあきらめもあるかもしれません。

それにしても喫煙者へのバッシングツイートは結構凄まじいものがあります。

喫煙自体が肺がんや副流煙の被害を出しているという科学的根拠はないはずなんですが、メディアの印象操作というのは本当に怖いものです。

マスク警察しかり、即リンチという感じで怖い。

要は意識の問題。

歯のホワイトニングもそこに意識を持っていくことで若さが保たれのではないかという考えです。

他人に見られている意識、そこから自分を律する意識、そのトリガーとしても若い人と同様に歯の白さを気にすることが健康へもつながっていくのではないかと思っています。

都心部であればスターホワイトニングというところがメジャーどころで良いのではないかと。

小さい街の歯医者だと値段が高かったりします。

ホワイトニング専門でやってるクリニックの方がコストカットができていてお得です。

スターホワイトニングの口コミなど事前に見ておきたい人はサイトをチェックしておきましょう。

タバコのヤニ取り歯みがき粉はセッチマだろうなんて言ってるおじさん世代は、歯磨きで歯は白くならないという事実にいい加減気づいた方がいいかもしれません。

ホワイトニングはクリニックで、歯みがき粉はしっかりと虫歯予防の最新のものにした方が無難だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です